塞下曲    盧綸

月黒雁飛高
単于夜遁逃
欲将軽騎逐
大雪満弓刀


書き下し文

塞下の曲

月黒くして雁飛ぶこと高く
単于は夜に遁逃す
軽騎を将って逐わんと欲すれば
大雪弓刀に満つ


訓読

つきくろくしてかりとぶことたかく
ぜんうはよるにとんとうす
けいきをもっておわんとほっすれば
たいせつきゅうとうにみつ


現代語訳

月が隠れ雁は空高く飛ぶ深夜
単于は闇に紛れ遁逃していく
軽騎を率いてこれを追わんとするも
大雪が弓や刀を覆ってしまった


押韻

「高」「逃」「刀」