江雪   柳宗元

千山鳥飛絶
万径人踪滅
孤舟蓑笠翁
独釣寒江雪


書き下し文


千山鳥飛ぶこと絶え
万径人踪滅す
孤舟蓑笠の翁
独り釣る寒江の雪


訓読

せんざんとりとぶことたえ
ばんけいじんしょうめっす
こしゅうさりゅうのおう
ひとりつるかんこうのゆき


現在語訳

どの山にも鳥の姿をみなくなり
どの道にも人影はないほど寒い
孤舟に乗った蓑と笠をつけた老人が
独り雪の降る中釣りをしているのみだ


押韻

「絶」「滅」「雪」